沖縄の不動産売買は当社にご相談下さい。
株式会社沖縄ネット不動産
TEL:098-995-6529
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

オーナーチェンジ物件の進む道

オーナーチェンジ物件について

おはようございます。

いよいよ日本人の入国を拒否する国が
出てきましたね。インドネシアやイスラエルなど

もしアメリカから
日本人の入国を拒否されるような事態になった場合
沖縄にある米軍基地においても
そこで働く日本人の出入りも出来なくなるんでしょうかね。。

さて、世の中には
「オーナーチェンジ」という言葉があります。

お店の営業権の譲渡等により
経営者や所有者がAさんからBさんへが変わることです。

単に経営者や所有者が変わるだけですので
周りの人はオーナーチェンジがあったこと自体も
知らないことも多々有ります。

以前、あるコンビニで
オーナーチェンジがありました。

以前のオーナーさんは地元の人でしたが、
そのオーナーさんの方針で
従業員もアルバイトも
レジでの基本的な対応はもちろん
愛想よく接客するのが地域でも人気でした。

しかし、諸事情により
オーナーチェンジで経営者が変わりました。

経営者が変わったことに合わせ、
昨今の人手不足により
新しく募集したアルバイトの質が
大幅に下がりました。

ひと昔前に
お笑いのネタにもなったような
「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」の言えない
若い兄ちゃんたちです。(笑)

地元のお客さんたちは
マニュアルのあるコンビニチェーンでも
経営者が変わるだけで
こんなにも雰囲気が変わるものかと
ガッカリしていました。

そんなとき
昨今の人員不足ということもあり
外国人のアルバイトが入店しました。

愛想の無い日本人の兄ちゃんと違い
その外国人のアルバイトの人は
素直で礼儀正しいことから
お客さんの心象も良く
地元の人たちにも好評です。

東京オリンピックを日本に誘致する際に
「お・も・て・な・し」by 環境大臣の奥さま
というフレーズが流行りました。

日本の良さは
丁寧な接客と人を喜ばす心づかいです。

それが、今は
「おもてなし」が「ろくでなし」に
なりつつあります。(笑)

しかし、そのコンビニで
それを救ってくれたのが
東南アジア系の外国人のアルバイトでした。

私たちの身の回りでは
ここがどこの国なのか分からなくなる出来事が
時々あるものです。(笑)

不動産にも「オーナーチェンジ物件」
と言う種別のものがありますが
所有者が変わったことにより
テナントさんの意識や質も変わり
さらに大きく飛躍されることも多々有ります。