沖縄の不動産売買は当社にご相談下さい。
株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

家賃の値下げ相談はボランティア精神で

家賃の値下げ相談はボランティア

おはようございます。

県外では大雨が続いているようですので
どうぞお気を付け下さい。

さて、
今回の新型コロナウィルスでは
飲食店をはじめ多くの店舗で
売上の減少という影響が出ています。

そんな中
経営の苦しい中でも、お店の経営を持続するために
お店の家賃を値下げして欲しいという
相談を受けた不動産業者はたくさんあります。

相談を受けた不動産業者は
建物のオーナーさんに相談をしますが
そもそも、家賃の値下げ相談への対応については
不動産業者には何のメリットもありません。

相談に対応したからと言って
誰かからお金がもらえる訳ではありません。

ですが、今回は、
新型コロナウィルスという世界的な危機に対し
「危機を乗り越えるために何とかしなければ」
という信念から対応をしている不動産屋がほとんどです。

にも関わらず
建物のオーナーからは
「そんな入居者は早く出ていけばいい」とか
「不動産屋のクセにそんな相談を受けるな!」などの
厳しい叱責を受けた不動産屋も少なくありません。

さらに、報酬をもらえるどころか
「家賃を下げたぶんはオタクの管理費も減らすからね~」と
管理費報酬を減額されるという仕打ちを受けた不動産屋もあります。

また、入居者側も
「世界中がこれだけ大変なんだから
 自分のところの家賃をも下げを聞き入れてもらえて当たり前」
と思っている人も少なくありません。

入居者も建物のオーナーも
どちらもヘンです。

新型コロナとは無関係ですが
昔、やはり経営が厳しい店舗系の入居者から
「家賃を値下げして欲しい」という
相談を受けた不動産業者がありました。

入居者から相談を受けた以上は
そのままモミ消す訳にはいきませんので
建物のオーナーさんに相談したそうです。

すると、建物のオーナーさんは
「入居者のワガママを聞くな!」と聞く耳を持たなかったそうです。

それに加えて、その不動産業者は
管理会社をクビになったそうです・・・。

管理会社をクビになったあと
暫くしてそのテナントさんは
結局、その物件を退去したそうです。

ちなみに、それから数年間、
そのテナント物件は
ずっと空き室が続いたそうです。