沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

沖縄でのマンション・一戸建て

沖縄でのマンション・一戸建て

おはようございます。

台風14号の影響で昨日は風の強かった沖縄本島ですが
今日は晴れ間が見えるようになって来ました。

さて
県外から沖縄に移住される方から
「沖縄ではマンションと一戸建てはどちらがいいと思いますか?」
と聞かれることがよくあります。

「マンションor一戸建て」は沖縄に限らず
全国どこでも問われる不動産に関する永遠のテーマです。

ですが、沖縄の場合は
気候をはじめ特殊事情もありますので
背景が少々異なります。

例えば、沖縄と言えば
県外の方は台風とハブの心配をされますが
一戸建てにはハブの出現リスクはありますが
マンションでハブが出たという話は聞いたことがありません。(笑)

台風時の恐怖について

一方、台風についてですが
台風が接近すると
マンションでも一戸建てでも
どちらも身の危険は感じます。

マンションの場合
階層の高さに比例して
受ける風が強くなります。

高層マンションでは
建物自体が揺れることもあります。

これに対し、一戸建ての場合は
それほど高さはありませんが
建物の構造によっては
建物ごと吹き飛ばされるんじゃ無いかと
心配になることもあります。

沖縄で増えている
軽量鉄骨造や木造は
台風時にはそれなりに揺れるものです。

そう言う意味では
沖縄の鉄筋コンクリート造の家は安心です。

停電時の対応について(お水)

停電時の対応についてですが
マンションの場合は
武蔵小杉のタワマンのように
地下や1階の貯水タンクから
ポンプで各戸へ送水しているところが多いため
停電すると水道やトイレが使えなくなります。

一方、一戸建ての場合は
屋上に高架タンクを設置していれば
停電時でも水道もトイレも使用できます。

ちなみに
いま沖縄でも流行りの木造住宅には
高架タンクはありませんので
停電時は水が止まります。

停電時の対応について(電気)

台風による停電が発生すると
地域によっては1~3日間くらい
停電が続くことがあります。

そうなると冷蔵庫の中のものは
台無しになります。

そこで、一戸建てに住んでいる人によっては
発電機を回して、
自分の家の電気を確保する人もいます。

しかし、発電機は
排ガスと音が発生するため
マンションでは回せません。

台風の通過したあと

マンションが通過した後
沖縄では皆さん一斉に
外廻りの片付けが始まります。

一戸建ての場合は
自分の家の周りだけでなく
道路や歩道に飛び散った
大量の枝や葉っぱを集め
掃除が始まります。

これに対し
マンションの場合は
自分の家のベランダは片付けますが
エントランスや通路などは
マンションの管理会社が片付けてくれるところが多いです。

そう言う意味では
マンションの方が
台風の後片付けはラクです。

その他にも
沖縄でのマンション・一戸建てには
県外とは少し違った観点での
メリット・デメリットがありますが
続きはまた今度書いてみたいと思います。