沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

沖縄の軍用地について

沖縄の“軍用地”

軍用地とは
軍用地とは米駐留軍、自衛隊が使用している基地、および那覇空港用地を、
沖縄では軍用地といいます。
その軍用地の半数以上は、個人・法人所有の土地を国が借地しています。

沖縄県では年間約900億の借地料が毎年8月前後に一年度分の借地料として、
地主へ前払いされています。

借地料
国が地主に支払う地代(1年間(12ヶ月)の土地使用料金)
その利率は毎年上昇しています。
借地料の目安になる土地の1㎡当たりの借地単価は、
毎年、国と沖縄県軍用地地主連合会との間で話し合われ、
その結果、翌年の借地料が決定します。
借地料は毎年8月前後に一年分が国より地主へ銀行振り込みされます。

軍用地の売買計算方法
一般の土地の売買価格は、
「坪数×坪単価」が売買価格ですが、
軍用地の売買価格は一般の売買価格の計算方法とは異なります。

軍用地は年間の借地料に倍数を掛けた金額が売買価格になります。

<例>年間借地料が100万円で、50倍で購入する場合

100万円(借地料)×50倍=5,500万円(売買価格)

<利息に換算した場合>

100万円(借地料)÷5,500万円=約1.8%(年利)

近年、“沖縄の軍用地”が投資物件として注目されています。

軍用地は沖縄に在留するアメリカ軍の施設や
自衛隊の施設がある土地である。

投資物件として注目されているのはその安定性です。

地主には日本政府から毎年、軍用地料が支払われます。
しかもその額は毎年確実に上がり続けています。

インターネット上では軍用地の売買に関する情報が飛び交い、
沖縄の不動産業者には本土から問い合わせが殺到しています。

本来、軍用地料はアメリカ軍に土地を奪われた住民たちへの補償として
かつての地主へ支払われてきたものですが
しかし、相続税を支払えないなどの理由で手放す人が増え、
現在は軍用地が市場に出回っています。

この“沖縄軍用地”は、基地問題という一面も持ちながら、
戦後の沖縄の経済を潤した収入物件でもあるのです。

軍用地の借地権者は防衛省で支払いは確実で
借地料は毎年値上りしております。(12月に値上りします)

また固定資産税は、国の借地権が付いているため、
土地の評価額が事業用の不動産と比べ極端に低くなっています。

相続税対策にも有利です。

銀行預金、タンス預金、国債より長期安定の沖縄軍用地

→ 「軍用地購入のメリット」のページへ

ポータルサイトや他社サイトで気になる物件がございましたら
当社にご相談ください