沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

水道の通っていない土地(番外編)

水道の通っていない土地に水道を引き込む方法(番外編)

おはようございます。

沖縄の夜の快楽街「松山」でも
クラスターが発生してしまいました・・・

さて、先日
「水道の通っていない土地」について書きました。

水道の通っていない土地に水道を通す方法

水道の通っていない土地(応用編)

そうしたところ
あるコメントがありましたので追記いたします。

そのコメントとは


そんなの役所に頼むのが手っ取り早いぜ!

と言うものでした。

しかしながら
前回も書きましたが
役所の水道事業は独立採算性なので
通常はたった一軒の家のために高いコストを掛けて
水道管を引いてくれはしないものです。


そんなの一軒の立場で言うから断られるんだぜ

この人いわく、
「こんな時のために、
選挙の時などにお手伝いをしているんだから
それを有効に使わなきゃ」
というものです。

つまり
議員さんや地元の影響力のある人を使って
役所に働きかければ何とかなるものだ
ということです・・・

確かに、ひと昔前は、
このようなことは良くある光景でした。

しかし、最近は役所内での内部告発等もあって
特定の人に対し便宜を図る行為は難しい時代になっています。

しかしながら
沖縄だけでなく田舎の都市では
まだまだご健在の手法です。

ただし、
ひと昔前は、働きかけさえすれば
すんなり通るものでしたが
最近は便宜を図ってもらう際のポイントがあります。

それは、
「一軒の家のための」となれば実施は難しいが、
これが「多数の人にも恩恵がある事業」となれば
状況も変わります。

つまり、「役所内部で通りやすい
シナリオとセットでお願いすること」がポイントのようです。

ひと昔前は
「お願いするときはカネをよこせ」でしたが
最近は「お願いするときはコネとアイディアをよこせ」
だそうです・・・

本日の手法が実際に使えるかどうかは分かりません。

あくまでも自己責任でお願いしますね。