沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

東京オリンピック開催の可否のカギを握るキーマン

東京オリンピック開催の可否のカギを握るキーマン

おはようございます。

こんな時は
天災地変が重なって発生することもありますので
日頃から備えておきましょう。

さて、
連日の新型コロナウィルス関連の このブログに ニュースに
ウンザリしている人も多いと思います。

ウィルスの感染が広がってからは
沢尻さんの薬物事件や、お笑いの闇営業問題も
すっかり陰をひそめてしまいました。(笑)

そんな新型コロナウィルスですが
今の日本にとって最大の山場は
東京オリンピックが開催できるかどうかです。

大きな経済効果を期待して
これまで多額の資本投入と
社会インフラの整備を行ってきた日本ですが、
東京オリンピックの開催が中止や延期になると
これは、オリンピックという投資に
失敗したことになります。

そしてそれは単なる投資の失敗に終わらず
日本経済に大きなダメージを与えます。

それとともに、多額の財政赤字と、
いわゆる【箱モノ】と呼ばれる各種のオリンピック関連施設の
膨大な費用の維持管理という
長期に渡る負の遺産を残すことになります。

そんな日本にとっての生命線と言われる
オリンピック開催の可否を決めるのは
いったい誰でしょうか。

どうやら
安倍クンでもトランプさんでも無さそうです。(笑)

立場的には
IOC(国際オリンピック委員会)の委員長が決定することになります。

そして、そのIOCは
オリンピック開催の可否を決定するにあたっては
WHO(世界保健機関)の見解を参考にするそうです。

WHOの見解と言ったら
あの事務局長さんの見解ということです。

不安しかありませんね。(笑)

そして、
その事務局長さんのウラで
タコの糸を引いているのは
お隣りの大国のアノお方です。

いま日本は、多数の犠牲と負担を払って
感染拡大の防止に努めています。

それももちろん大切なことですが、
東京オリンピックが開催されるかどうかは
そんなことよりも、もっと政治的なところで
決められると言うことです。

そして、
そんな日本の経済を左右する超重要な判断なのに
日本は全く裁量が無く
その決定のカギは表向きはWHO、そして
実質的にはお隣りの大国のアノお方が握っているということなのです。

ですので、もしアノお方が
「最近、日本は生意気だから懲らしめてやろう」と思えば
簡単に日本の息の根を止めることが出来ちゃうのです。(苦笑)

ちまたでは
「不動産はオリンピックが終わったら価格は下がりますかね~?」
とよく聞かれますが、そういう意味では
「オリンピック前に(オリンピックが開催されないで)下がります」
が正答になるかも知れません。(苦笑)

今の日本は
まな板ショーの上の
コイ状態なのです。。