沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

沖縄の不動産のタイムラグ都市伝説

新型コロナウィルスに伴う沖縄の不動産の今後の動き

おはようございます。

昨日の沖縄の新規感染者数は1名でした。

さて、
沖縄の不動産にはタイムラグがある
という都市伝説があります。

バブルが崩壊したときも
リーマンショックがあったときも
沖縄の不動産への影響は
県外のソレから少し時間をおいてやって来ました。

県外では不動産の価格が下がったのに
沖縄の不動産はすぐに連動するのでは無く
期間を空けてじわりじわりと下がっていったのです。

これは、沖縄の不動産は
県外には無い南国リゾートとしてのが価値あるため
県外の相場的な資産価値とは評価の観点が違うからです。

しかしながら、その反面
リゾートとは、贅沢品的な要素もあるため
株価の下落や他の金融商品の含み益の目減りなどで
県外のお客さんの財布のヒモが堅くなると
沖縄の不動産への需要は徐々に控えられていくのです。

これが
バブル崩壊やリーマンショックのときの流れでした。

しかし、
今回のコロナショックは
その時と様相が違います。

県外や海外のお客さんの財布のヒモが堅くなったとともに
コロナは感染症ですので
県外・海外からの人の流れが
ピタリと止まりました。

県外の方が気になる不動産があっても
現地を見に行くことが出来ません。

来沖を強行し
ついでにゴルフなんかして帰ったら
あの芸能人さんみたいにSNSが炎上するでしょう。(苦笑)

ですので、いま
県外や海外の方が好まれる
リゾート向きの不動産は
ピタリと動きが止まっています。

売主さんの事情にもよりますが
コロナの封じ込めが長期化すると
価格の下落がはじまります。

そうならないためにも
このゴールデンウィーク期間中は
しっかり節制してコロナを封じ込めましょう。

例年のゴールデンウィークと同じように
BBQやキャンプ等で楽しく過ごしていると
コロナはナンクルならんよ~