沖縄の不動産売買は当社にご相談下さい。
株式会社沖縄ネット不動産
TEL:098-995-6529
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

不動産の内覧時のリスク

おはようございます。

昨日の沖縄の新規感染者は1名でした。
このまま広げないように。

さて、例年ですと
今日からゴールデンウィークという会社も多いのですが
今年は新型コロナウィルスの影響で
在宅勤務という人も多いので
今日から休みと言われてもピンと来ないことでしょう。

まして、今年のゴールデンウィークは
お出掛けも出ませんからね・・・。

そんな中、昨日、
横浜の不動産会社の社員が
物件の案内中に刃物で刺されるという事件がありました。

事件の背景は分かりませんが
不動産の内覧の際は、不動産業者とお客さんが
1対1になることも多いものです。

この時期は
濃厚接触を避けるため
いつも以上に扉や窓の開放するように気を使っていますが
そうでなければ、密室になることもあります。

そんな時、不動産屋と1対1になる
お客さんも不安でしょうが
怪しい人かも知れないお客さんと1対1になってしまう不動産屋も
ちょっぴり不安なものです。。

最近は賃貸物件のVR(バーチャルリアリティ)内覧を
実施している不動産業者も増えていますが
売買物件の場合は、数千万円する物件を
実物を見ないで購入するのは
お客さんも不動産業者も
お互いにリスクがあります。

今後の不動産取引は
契約業務はどんどん電子化されていくと思いますが
現況の調査、物件の内覧、引渡しの確認などは
どうしても現場での作業が必要です。

その過程では
お客さんとのリアルなコンタクトが
まだまだ必要な状況です。