沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

ピンチをチャンスに変えても、油断するとより大きなピンチに逆戻る

ピンチをチャンスに変えても、油断するとより大きなピンチに逆戻る

おはようございます。

本来であれば夏真っ盛りの沖縄なのに
今年は雨天が多いのは
イベントや外出による密接を控えさせようとする
自然の大きな力が働いているかも知れませんね。

さて
そんな新型コロナウィルスの新規感染者ですが
昨日は東京で50人を超えています。

周辺の埼玉・千葉・神奈川も増加傾向にあります。

今年の2月、
連日感染者数が増え続け
私たちは不安に陥りました。

日本の人口の10分の1を占める首都東京が
海外ですでに始まっているように
ロックダウンしたら日本はどうなってしまうのだろうか・・・

そんな状況の中
活躍したのが都知事です。

日本がこれまでに経験をしたことの無い
パンデミックというピンチの中、
感染者数の増加に敏感に反応し
土日も休むこと無く、毎日記者会見に臨み
リーダシップを発揮しました。

その後、緊急事態宣言が発令され
経済活動が制限されると
感染の拡大はコントロールされ
徐々に感染者数は減少していきました。

その一躍を担ったのが都知事でした。

中には、今年の都知事選に向けた
パフォーマンスの好機と言われていましたが
都知事は見事にピンチを自らのチャンスに変えました

巷では
「今年の都知事選は
選挙活動しなくても知事の再選は確実
とまで言われていました。

しかし、
緊急事態宣言が解除され
経済優先に方向転換してからは
風向きが変わりはじめました。

そのつまずきの初段が「東京アラート」。

お菓子の名前みたいなパフォーマンスに
不信感を持つ人が出始めました。

また、パンデミック当初、知事は
感染者数の増加に敏感に反応していたイメージが残っているために
最近の感染者数の増加への都知事の反応は
かえって鈍感に感じてしまいます。

せっかく好感度がアップしたのに
このままではその貯金も使い果たし
逆にマイナスイメージを持たれてしまいます。

案の定、都知事選の他の候補者は
都知事の対応のマズさを
選挙演説のネタにしています。

東京は、このままでは
1日の感染者数は間もなく100人を
超えるでしょう。。

そのときに
何の対策もとらないまま都知事選を迎えたら
致命傷になるかも知れません。

ピンチを自らのチャンスに変えたと思ったら
またピンチに逆戻りです。

ちなみに、不動産の取引にも
ピンチが押し寄せることがあります。

例えば、お金の臭いをかぎつけ
怪しい人たちがすり寄ってくることもあります。

そういう時は
いち早く退散します。。

怪しい人たちは、いつまで経っても
怪しい人のままだからです。

下手にタッグを組んだら
その後は食い物にされ続けることになります。

不動産の場合は
ピンチが訪れると、
それがチャンスに変わることはなく
ひたすらピンチが続くだけです。(笑)