沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

不動産の交渉をスムースに進める方法

不動産の交渉をスムースに進める方法

おはようございます。

久しぶりに猛烈な台風の襲来を控え
この週末は台風対策を入念に行ないたいと思います。
自分の家の台風対策もちゃんとしないと、家庭の中に台風が発生します(笑)

さて
不動産の取引においては
売主と買主の利益は
相反するものです。

売主の心理で代表的なものは
以下のようなものがあります。

・少しでも高く売りたい
・買主は細かい性格の人ではないこと
・また引渡した後にアレコレ言って来ない人であること
・購入した不動産を大切にしてくれる人がいい

一方、買主の心理で代表的なものは
以下のようなものがあります。

・何とか安く買いたい
・こちらの注文は何でも聞いて欲しい
・引渡しにあたってはキレイで良い状態で引渡して欲しい
・購入した後に何かあった場合は売主側で直して欲しい

上記の本能をお互いに主張するだけでは
取引は到底纏まりません。

それを間に入って調整して行くのが
不動産業者の役割の一つでもあります。

そんな中、
買主さんが値引き交渉を申し出る際に
色々な理由を付けて
値段を下げさせようとする人がいます。

例えば
「浴室をもっと広くリフォームしたいので」とか
「リビングが西向きで夏のエアコンの電気代が大変そうだから」等を理由に
「○百万円値引きしてください。」と申し出る買主さんもいます。

しかし、そもそも、これらは
売主さんには責任も関係も無い話です。

「浴室を広くしたい」とか
「電気代が気になる」というのであれば
別の物件にしたらどうですか?
と思うものです。

売主さんからしたら
その買主さんにどうしても購入してもらわなければならない
事情はありません。

それどころか、買主から
「アナタのお家は浴室が狭い、電気代が高そうだ」
とクレームを付けられたようにも思うものです。

そうして
「この買主はあれこれイチャンを付けて値引きさせようとしている」
となるのです。

買主さんの気持ちも分かりますが
そもそも、「浴室を広くしたい」とか
「電気代を安くしたい」と言うのは
買主さんの事情ですからね。

そういう心理的ダメージを伴う交渉よりは
「○○万円値引きして頂けませんでしょうか?」
と率直にお願いをした方が
まだ売主さんの心象も良いと思いますよ。
売主にとっては値引き交渉をしないのが一番心象が良い

もちろん
値引きをしてもらうのですから
買主としての誠意や気持ちも
しっかり伝えるべきです。

その前提があれば
交渉が上手く纏まれば
契約に向けてお互いに喜びは
一段と大きくなります。

残念ながら商談が纏まらなくても
お互いにリスペクトする気持ちがあれば
何のシコリも残らないものです。

不動産売買の上手な商談