沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

不動産屋が契約を急ぐ理由

不動産屋が契約を急ぐ理由

おはようございます。

夏の終盤戦とともに
朝焼けがたびたび訪れるようになってきた沖縄です。

さて、
不動産屋の大切な業務の一つに
契約があります。

宅建業の解釈からすると
不動産業者がお客様から頂く仲介手数料は
売買契約の締結に伴う報酬です。

ですので、
ドライな言い方をすると
売主と買主が売買契約を締結した後
物件の引渡しが完了するまでの業務は
あくまでも「サポート」という位置づけとなります。

不動産業者が
お客様から頂く仲介手数料については
契約締結時に半分相当を頂き
残りを決済時に頂くというのが一般的ですが
大手の不動産業者の中には
売買契約を締結した際に
仲介手数料の全額を頂く会社があるのは
そのような考え方からです。

お客様にとって
大切である契約について、
売主と買主とが合意に至ったら
不動産業者は出来るだけ早く契約を締結するよう
急ぎます。

とくに
契約のノルマのある不動産会社では
上司のフォローも厳しいので
多少不確定な要素が残っていたとしても
サッサと契約にこぎ着けて
ノルマの達成に近づけたいと考えるものです。

不動産の売買は
高額なお金が動きますし
売主・買主にも
色々な思いや欲が働くものです。

例えば、売主は
「この金額で売却していいんだろうか」
「もっと高く売れるんじゃないか」
「この物件を手放していいんだろうか」
というような気持ちになることもあります。

また、買主は
「購入するのはこの物件で本当にいいだろうか」
「ローンをちゃんと返済していけるだろうか」
というような気持ちになるものです。

これらはいずれも自然の心理です。

この気持ちが大きくなると
「やっぱり売るのを止めた」
「買うのを止めた」
となってしまうのです。

そうなってしまうと
不動産業者はこれまでの努力が
水の泡になってしまうので
両者の気持ちが変わらないうちに
契約を締結してしまおうと考えるものです。

契約さえ締結してしまえば
それ以降の解約は
手付金の放棄や違約金の発生が伴うので
通常はそこまでして解約をしようとは
思わなくなるものです。

ということで
契約を締結頂いたあとは
解約となる可能性は低くなることもあり
不動産屋は契約を急ぐのです。

しかし、
それが露骨に出ると、
お客さんをアオったりすることになります。

当社でも
お客様に早く契約をして頂くことを
お勧めする場合もあります。

しかし、これは
他のお客様と競合しそうな人気の物件であったり
売主や買主など相手側の気持ちが変わってしまうと
売却できなくなったり、
購入できなくなってしまう場合などです。

売主さんによっては
早く現金化したかったり
売却によって精神的に楽になりたい人もいらっしゃいます。

買主さんによっては
家族を早く喜ばしたい人もいますし
早く落ち着きたい人もいらっしゃいます。

こういう場合には
少しでも早く契約されるよう
背中を押させて頂いています。

そうで無い場合は
基本的に、納得いくまで
ジックリ検討いただきます。

その方が
お客様の意志が固まり
それによって後々のトラブルのリスクが
小さくなることもあるからです。

かと言って
いつまで経っても結論が出せない場合は
もう一度、ご自分たちで考えを纏めてから
再度お声掛け頂くようにお願いしております。

不動産を売買されるのは
売主さん・買主さんなので
不動産会社の都合で
アオったり、シラしらりしないよう
バランスを考えるのも
不動産屋の重要な仕事です。