沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

不動産屋もダマされる不動産売買

不動産屋もダマされる不動産売買

おはようございます。

何かと芸能人のお騒がせの舞台となる
南国リゾート沖縄です。近藤クン、大野クン・・・

さて、
数年前、大手の住宅メーカーの積水ハウスが
地面師に引っ掛かり、品川区五反田の土地の売買で
55億円をだまし取られるという事件があったのは
記憶に新しいところです。

その後、犯人たちは捕まり
有罪の判決を受けていますが
不動産を本業とする一部上場の企業が
その不動産で騙されたという事件でした。

そして、
昨日、また不動産業者が
不動産の売買で地面師に騙されるという
小っ恥ずかしい事件が発覚しました。

今回の舞台は東京の表参道の裏路地で
約160㎡(約48坪)の土地の売買をめぐり、
地主から委任を受けた代理人になりすました地面師に
不動産業者が数億円をだまし取られたというものです。坪600万円だとすると約3億円

同じ不動産業者からすると

そんなの詐欺だってわかるチャンスが何回かあったでしょう・・・

 

とも思いますが、
どちらの土地も通常では取引されないような
希少性の高い場所の土地であり
「その土地を是が非でも手に入れてひと儲けしたい」
という欲望に目がくらんでしまったものと思います。

また、
不動産の売買において
絶対的な証明ツールである
・権利証(登記識別情報通知)
・印鑑証明書
・実印
・身分証
がいずれも偽造されたものであったことも、
詐欺を見抜くことが出来なかった要因の一つでもあります。

とくに実印については
最近は3Dプリンターを使えば
本物ソックリなものが
簡単に作れるそうです。

それを役所に登録すれば
役所お墨付きの印鑑証明書が発行されてしまいます。

また、権利証や身分証も
その手の組織に依頼すれば
やはり本物ソックリなものが
安価で出来てしまいます。

つまり、不動産取引において
不動産業者が権利を証明するものとか
本人を確認するものとして
信用しきっているツールは
簡単に偽造できてしまうというのが
今の状況なのです。

こうなると
何を信じたら良いか分からないですね。

そうすると
不動産業者が見分けるのは
「人」と言うことになります。

目の前にいる人が
本当に地主さんなのか、あるいは
代理人なのかを見極める力が必要ということです。

しかし、
そんなキレイごとを言っても
目の前に大きな儲け話があり
スグに判断・行動しないと
手元から離れて行ってしまう状況に置かれると
十分にチェックする時間も心の余裕も
無いでしょうね。

ということで
本職の不動産業者が騙されるくらいですので
不動産の売買で、一般の方々が騙されてしまうのは
いとも簡単なことなのです。