沖縄の不動産売買専門情報サイト|中古マンション|中古住宅|売土地|外人住宅|軍用地|収益物件|居抜き物件

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買情報「沖縄ネット不動産」

沖縄不動産の売買無料査定依頼

株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜日・祝祭日)

沖縄の不動産の二極化

沖縄の不動産の二極化

おはようございます。

ご多分に漏れず
半袖では涼しく感じた今朝の沖縄です。

さて、
政府が頑なにこだわってきた
GO TOトラベルが年末から
全国一斉休止になりましたね。

GO TOトラベルの休止にあたっては
多くの人が「サッサと中止すべきだった」とか
「中止するのが遅すぎる」という風に思っています。

しかしながら、その一方では
N市の市長さんのように
「GO TOトラベルを中止するのは全く無意味である」
と反論している人も少なくなりません。

沖縄でも、
医療の危機が連日叫ばれていますが
そんな中でも、沖縄の経済界の方々は
「GO TOトラベルは是非とも継続すべきである」
と強くおっしゃっています。

また、先程の
「サッサと中止すべきであった」等の
反対意見を持っている人の中にも
GO TOトラベルを利用して旅行をしたり
帰省を計画しているという2枚舌の人も
たくさんいらっしゃると思われます。(苦笑)

結局、GO TO トラベルの継続か休止かについては
全員が納得する解はないと言うことです。

ですので、継続しても中止しても
どちらの判断をしても叩かれるのです・・・

新型コロナの感染が始まってから
沖縄の不動産も2極化が始まっています。

新型コロナの影響で
外国からのインバウンド需要は
ピタリと止まりました。

しかし
県外や地元の方々の購買需要は
かなり戻って来ている模様で
連日活況の不動産業者も少なくありません。

また、
外国人観光客が一切来ない時期にもかかわらず
沖縄では大型リゾートホテルの建築計画が
続いています。

その一方で
これまでインバウンド需要に便乗して
価格が急騰していた地域の土地は
閑古鳥が鳴いています。

賃貸物件も同様に
コロナの影響で事業や店舗を撤退するところもあれば、
それらが退去した後
リモート・巣ごもり・非接触・配送等
コロナ社会において売上と事業を拡大している会社から
すぐにテナントの申込が入るところもあります。

経済の専門家(?)の中には
近いうちに不動産バブルが崩壊すると
予測している人もいらっしゃいます。

みんながそれぞれの正月を迎えられるよう
残り半月を戦っていきましょう。